投稿日:2023年5月3日

知っておこう!雨樋の修理を検討すべきサイン

こんにちは!千葉市若葉区で、屋根リフォームや屋根板金、雨漏り工事をはじめとした修理工事を専門に承っております有限会社山之口瓦店です。
雨樋の寿命は一般的に20年程度とされていますが、熱や風雪などの影響を受けることで、劣化のスピードが早くなります。
劣化した雨樋を放置してしまうと、建物全体の劣化につながるため注意が必要です。
そこで今回は、雨樋の修理を検討すべきサインをご紹介いたします。

破損

雨樋
経年による軒樋の収縮によって、ジョイント部などが割れてしまうことがあります。
雨樋が破損していたら、かなり劣化が進んでいる可能性が高いです。
例えば雨樋がひび割れていたり、穴が開いているといったことがあったら、注意が必要といえるでしょう。
雨樋は劣化の症状が進むことにより強度が損なわれ、衝撃を受け止めるのが難しくなります。
そのため、強風や地震などの影響によって、破損してしまうケースが少なくありません。

傾斜角度

雨樋は雨水をスムーズに地上に流すため、少し傾いたつくりになっています。
しかし雨樋の劣化が進むと、傾斜がきつくなるなど、雨樋の角度がおかしくなることで雨水がスムーズに排出されなくなる恐れがあります。
雨樋の傾斜を正しい位置に戻すためには、確かな知識と技術が必要です。

たわみ

雨樋の耐久性が損なわれ、たわみが発生することがあります。
雨樋にたわみが発生すると、垂れ下がった状態になり雨水を受け止められず外壁を汚してしまう恐れが考えられるでしょう。
さらに、雨水により外壁が汚れてしまった場合、清掃のためかなりのコストと時間が必要になります。
また、雨樋がたわんだ箇所から、溢れるように雨水が地上に直接落ちるようになります。
庭の樹木を腐らせる原因にもなりますので、雨樋のたわみに気付いたら、早めに雨樋の修理や交換をご検討ください。

山之口瓦店へご相談ください!

お問い合わせ
有限会社山之口瓦店では山武市を拠点に、八街市や千葉市若葉区など千葉や東京をメインに茨城・神奈川でも屋根工事を承っています。
確かな腕を持つ屋根工事業者をお探しではありませんか?
どのような施工であっても、周囲の環境や安全に最大限配慮しながら工事を進めてまいりますのでご安心ください。
皆様からのご相談を心よりお待ちしています。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

屋根工事なら千葉県山武市の『有限会社山之口瓦店』へ|求人募集中
有限会社山之口瓦店
〒289-1211
千葉県山武市大木684-1
TEL:043-443-0278 FAX:043-444-2678


関連記事

和瓦の葺き直し工事完了しました

和瓦の葺き直し工事完了しました

千葉県山武市は気温は低いですが、スッキリと晴れています。 昨日の大風の影響も特になく、無事に工事を進 …

新色が仲間入りしました

新色が仲間入りしました

こんにちは。千葉県全域で屋根工事をしている山之口瓦店です。 修理工事が得意です。瓦・金属屋根・板金・ …

谷板金交換工事をしました

谷板金交換工事をしました

屋根は様々な形状があり、名称があります。 面と面が合って山の一番高いところを棟 逆に低いところで合っ …

お問い合わせ  採用情報